文字列傾斜錯視プログラム運用管理システム

数値計算ソフト「MATLAB」による錯視生成プログラムの運用システム
錯視アルゴリズム開発 「東京大学大学院 数理科学研究科 新井仁之教授」

<特長>
・文字列傾斜錯視生成プログラムのユーザ向け操作表示機能の作成
・使用ユーザ管理機能をWebシステム上に構築

錯視標準版_-_2016-04-20_14.23.55

「漢字、平仮名、カタカナ、記号」を使った錯視生成画面

錯視カタカナ版_-_2016-04-20_14.20.23

「カタカナ」だけを使った錯視生成画面

文字列傾斜錯視自動生成アルゴリズム
(特許、発明者:新井仁之・新井しのぶ、特許権者:国立研究開発法人科学技術振興機構)

新井先生の解説「文字列傾斜錯視自動生成ソフト」
新井先生の「錯視の科学館入口」

最新記事

  1. 「文字列傾斜錯視プログラム」の運用管理システムを開発事例に追加いたしました。
  2. 高品質・低遅延の手術室内映像コントロールシステム「ORTIS」を開発事例に追加いたしました。
  3. いつも弊社のウェブサイトにご訪問いただき、誠にありがとうございます。